私がネスプレッソを選んだ理由

公開日: : 最終更新日:2017/04/17 コーヒー

本格的なエスプレッソが自宅で手軽に楽しめる。

ネスプレッソとはネスレ社が販売するエスプレッソマシンです。

コーヒーのアロマと特徴を再現するために設計された高圧力(最大19気圧)の抽出システムと、専用のカプセルコーヒーを使うことでネスプレッソマシンの抽出ボタンを押すだけで本格的なエスプレッソを簡単に入れることができます。

私がネスプレッソを選んだ理由

私は「ピクシー」という機種のネスプレッソマシンを愛用しています。

当時も各社から様々なコーヒーメーカーが発売されていましたが、私がコーヒーメーカーに求める条件は以下のものでした。

カプセル式コーヒーメーカーであること

普段は、豆を手で挽いてペーパードリップで抽出するスタイルでコーヒーを楽しんでいます。ドリップ式のコーヒーメーカーならこの手間を省略できるのかもしれませんが、私自身、豆を引いて抽出するある種の”儀式”を楽しんでいる部分もありますので、ドリップ式ではなくカプセル式コーヒーメーカーの中から選ぶことにしました。

手軽に本格的なエスプレッソが飲めること

数年前にヨーロッパのカフェで飲んだエスプレッソの濃厚で香り高い風味が強く印象に残っていまして、いつか自宅でこんなエスプレッソを飲みたいと思っていました。そのため、本格的なエスプレッソを淹れられることをコーヒーマシンに求めることにしました。

手入れが楽であること

エスプレッソを淹れるためには、高い圧力がかけられる専用の道具が必要になり、それらの維持管理や洗浄などは結構大変だと思っていました。せっかくコーヒーマシンを買うのならば、少しでも手入れが楽な機械を選ぶことにしました。

WEBなどで調査した結果、下記のような機種が出ていることがわかりました。

・カプセル式 ・ネスレ社 ・ネスプレッソ ・ドルチェグスト ・キューリグ社 ・ネオトレビエ

・インスタント式 ・ネスレ社 ・バリスタ

カプセル式のコーヒーメーカーから選ぶことにしましたが、キューリグ社の「ネオトレビエ」は近所に扱っているお店がなかったので候補から外して、最終的に「ネスプレッソ」と「ドルチェグスト」のどちらにするかを選ぶことにしました。

ドルチェグストは多種多様なカプセルが出ており、宇治抹茶ラテやチョコチーノなどコーヒー以外も作れる楽しみがあるようです。味のバリエーションの豊富さがとても魅力的だったのですが、私は本格的っぽいコーヒーが淹れられるコーヒーメーカーを求めていたのでドルチェグストは候補から外れました。

その結果、製品名からもわかるようにエスプレッソを淹れるならやはり「ネスプレッソ」でしょう・・・というわけで、ネスプレッソ一択になりました。それなりに高価な買い物になりますので、実際に飲んで納得してから買おうということで近所のネスプレッソを扱っているお店へ行き試飲させてもらいました。

数種類のカプセルを試させてもらった結果、カプセルごとに味に特徴が出ていて、コーヒーを純粋に楽しみたい欲求を満たしてくれる製品だと確信しました。ネスプレッソのコーヒーメーカーのデザインもまた素敵で、ますます気に入りました。

コーヒーメーカーはキッチンなどに置くと思いますが、一日のうち稼働するのはほんの数分の間で、ほとんどは置いたままです。そのため、インテリアとして見栄えのするものでないといけません。そういった意味でもネスプレッソのデザインは納得できるものでした。

様々な種類のネスプレッソマシンが販売されていてデザインや機能は様々ですが、予算も考えた結果、「ピクシーバンドルセット(エアロチーノ3)」に決めました。ネスプレッソ本体にボタンひとつで簡単にフォームミルクを作る事ができるエアロチーノという製品が一緒になったセット商品です。

せっかくならフォームミルクも使ったアレンジメニューも楽しんでみようと思いまして、予算は少しだけオーバーしますがエアロチーノ付きを買うことにしました。

ネスプレッソを選んで正解だった

結果的にはネスプレッソを選択して大正解だったと思っています。

コーヒーカプセルの単価は約70円程度しますが、高すぎるわけでもなく気軽に購入できる範囲だと思います。何より、カフェで飲むような本格的なエスプレッソを自宅で手軽に楽しめるようになりました。おかげでお店で飲む機会が減ってしまったのは嬉しい誤算かもしれません。

コーヒーメーカーに求める役割や機能は人それぞれだと思いますが、我が家にとってネスプレッソは生活に彩りを与えてくれるアイテムとして日々活躍してくれています。

2013 12 23 15 43 05 300x249

購入したネスプレッソ「ピクシー」。違和感なくインテリアと調和するデザインです。

2013 12 23 15 44 17 300x231

銀色のレバーを上げると、コーヒーカプセルの投入口が開く仕組みです。 お好みのカプセルを入れて、抽出ボタンを押すだけでエスプレッソを楽しむことができます。

 

 

ad

関連記事

【ワンダ】ゼロマックス プレミアム

ここ数週間ブラックコーヒーばかり飲んでいたので、今日は久しぶりに甘いコーヒーを飲んでみました。 本日

記事を読む

【マキシム】ちょっと贅沢な珈琲店

本日の1杯目。マキシムのちょっと贅沢な珈琲店をブラックでいただきました。 午前中に献血ルームに出かけ

記事を読む

【ネスプレッソ】カプセルコーヒー Livanto(リヴァント)

本日の二杯目。ネスプレッソ カプセルコーヒー リヴァント。 中米産と南米産の純粋なアラビカ豆をブレン

記事を読む

【澤井珈琲】プレミアムブルマンブレンド

本日の一杯目。澤井珈琲のプレミアムブルマンブレンド。 前回淹れた時には豆がやや多くて苦味が強く出すぎ

記事を読む

【澤井珈琲】プレミアムブルマンブレンド

本日の二杯目。澤井珈琲のプレミアムブルマンブレンド。 通販で焙煎豆の状態で購入。 1.5kgで300

記事を読む

【澤井珈琲】プレミアムブルマンブレンド

本日の一杯目。澤井珈琲のプレミアムブルマンブレンド。 今日は仕事が休みでしたので昼食後に澤井珈琲のブ

記事を読む

【KIRIN】FIRE BLACK 新豆挽きたて

本日の一杯目。KIRIN FIRE BLACK 新豆挽きたて。 近所のホームセンターでまとめ買いをし

記事を読む

【ネスプレッソ】カプセルコーヒー Cosi(コズイー)

中南米産アラビカ豆の甘さと軽さにケニア産の良質アラビカ豆によるレモンに似た香りを添えた軽めの味わいが

記事を読む

【KIRIN】FIRE BLACK 新豆挽きたて

スッキリとしたさわやかな口当たりが特徴のFIREブラックを午後のひと休憩の時間に飲みました。毎度のこ

記事を読む

【ダイドー】 ダイドーブレンド コクの極み

厳選した5カ国のコーヒー豆を深煎り中心に焼き分け、深いコクを引き出した「コクの極み」です。 その名前

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

京都「宝ヶ池公園 子どもの楽園」にマイカーで遊びに行く時のアドバイス

先日、京都に出かける用事がありましたので子どもを連れて「宝ヶ池公園 子

ソニックデザイン SonicPLUSスピーカーに交換して1ヶ月経過した感想

自動車の純正スピーカーに対する不満 自動車を運転する時にはラジオやC

ハンガーに衣類を掛けたままシワ伸ばしができるパナソニックの新型衣類スチーマー「NI-FS530」がどうしようもなく欲しい

パナソニックの新型衣類スチーマー「NI-FS530」が発売 パナソニ

激辛だけど癖になる美味しさ「辛辛魚」を箱買いしちゃいました

以前に辛辛魚の記事を書きましたが、その後、近所の店での販売が終了したみ

「勇者ヨシヒコと導かれし七人」がAmazonプライムビデオで無料視聴可能!勇者ヨシヒコについてまとめてみた

先日、何気なくアマゾンプライムビデオのラインアップを見ていたら「勇者ヨ

→もっと見る

PAGE TOP ↑